2008年04月03日

ゆめのあと



彼がくれたピアスは、
待ち針みたいに小さな小さなダイヤモンド。

氷のような繊細な磨りガラスのケースに
雫のように並んでいた。

「かわいい。」

彼女はじっとケースの中身を見つめたまま、つぶやいた。

「気に入ってもらえるかすごく心配だったんだけど。」

彼は、彼女の控えめに感動している様子を見守った。

「うれしい。でも、いいんですか。」

「もちろんですよ。
むしろこんなに小さなもので申し訳ないくらいです。」

彼女はその小さな粒をつまんでみた。
すごく繊細だけどきちんと作られている。

「きれい。」

彼女は、彼に微笑む。
彼女に、なんでもしてあげたいと思った。
できることなら。
彼女が喜ぶ顔をもっとみたいと思った。

レストランを出て、彼女は自然と彼の腕にぴったり寄り添う。
「ひさしぶりだから沢山甘えちゃおう。」
彼女は彼の目を覗き込むようにして言うと、すぐ照れて、
顔を彼の肩に隠した。
今までは彼が抱き寄せるか、手を繋ぐかするまでは、
彼女から先に彼に触れることはほとんどなかったのだ。
少し間を置くと、こういう効果もあるのかと、
彼はしみじみ感動した。

駅の裏のホテル街に忍び込む。
狭い部屋でむしるように服を脱いで、抱き合う。

幸せだと思えば思うほど、同時に
いつか、こんな夢みたいな時間が終わってしまうのかと不安になる。

そんな彼を、彼女は「心配性なんですね。」といって笑う。
「私はどこにも行きませんよ。
むしろ、幕を閉じるスイッチを持ってるのはあなたの方。
上手に閉めて下さいね。一瞬も遅れないで。」
彼女はシェードをかぶせたランプの灯りを肩に受けながら、
そういった。

どうしたらいいのかわからないほどの感情に
振り回されている彼には、衝撃的な発言だった。
彼女はもう何もかも結論を持って、自分に接している。

その揺るぎなさを彼は少し怖いと思った。
得体の知れないものと対峙するときの畏怖感に近い。

何かを手繰り寄せるように、
彼女の柔らかい二の腕に触れると漸く安心をする。
そうだ、こんなに華奢で、か弱いこだったとほっとする。

最近は気をつけて、
忙しくても3食おかわり付きで食べるように努力をしているらしく
一時期よりは、少しふっくらしたように思う。
それでも胸元は皮膚のすぐ下に骨がみえるほど痩せている。

彼は、彼女の体を撫でる。
細部まで、顔を近づけてよく見る。
「みっともない体でしょう。あまり見ないで。」

「そんなことないよ。すごくきれいです。
会わない日も毎晩思い出してる。」

「また調子のいいことばかりおっしゃる。」

肩が冷えてきたのに気がついて、彼は彼女に毛布をかけてあげた。
ふわふわとあたたかくて、彼女はうっかり、うとうとしてしまった。

彼女は額に手を当て、目を開ける。
「やばい、眠ってしまいそう。」

「いいですよ。少し眠って。時間になれば起こします。」

彼女が最近ほとんど眠っていないことは、
2つのプロジェクト関連のメールの送信時間からわかる。

彼女は返事をするかしないかの間に眠りに落ち、
無意識に彼の手をきゅっと握ると
ほとんど寝息もたてずに、彼の肩に頭をのせたまま眠った。

耳には小さなダイヤが
ランプのかすかなあかりを吸い込んできらめいた。



椎名林檎


ゆめのあと
by youtube.com



2008年03月31日

閃光少女



代官山から、恵比寿まで。
夕闇の中歩く。

彼女は、長い、毛先だけゆるくカールした髪を揺らして、
折りたたみの小さな自転車を押して歩いた。
時々、私たちのすぐ横をヘッドライトが近づいては追い抜いていく。

そのたびに、彼女の小さな顔の輪郭がぐっと映える。
長いまつげや、小さなつぐんだ唇。丸いおでこ。
こういう、お人形さんみたいな女の子がまれにいるものだ。

何かはわからないまま、何かを探しに東京に来て、
やめようとは思いながら、淡々と、夜の仕事をして、
不規則になるのはいやだから午前中にはちゃんと起きて、
日曜日には、朝から彼に会う。
東京には、なんとなくな日常だけが、ある。

時々、このままじゃだめだと思う。
でも、どう変えればいいのかは、わからない。
そしてそうやって考えるのにも飽きちゃって、
また、なんとなくな日常が、ある。

楽チン。だけど、時々不安。

そういうかんじの、女の子。

私は、彼女のお人形さんみたいな顔とか、
細くて長い手足なんかを見るのが好き。
話も、過剰にキリキリしたところがなくて、好きだ。
気分や性格の触れ幅が同じくらいだからかもしれない。

私たちは、私の婚約の話をした。
つい最近、同僚に「それ、結婚詐欺みたい」といわれたほど、
私は彼との結婚を保留している。
母親が「どうしても結婚しなくちゃいけないときにしたらいい」
と言ったのもあって、
それもそうかもしれないと思ってしまったせいもあるだろう。

私は、自分のことを話すことが気恥ずかしくなってきて、
「あなたは?彼と結婚の話とかしないの?」ときいた。

彼女は、特に困った様子も無く、淡々と
「しないというかできないの。彼、結婚してる人だから。」と言った。

私もまた、淡々と「そうなんだ。」と言った。それから、
「日曜日に会えるって、いいな。なんか。」
私は、自分がものすごく変なことを言っていることに気がついて、
一瞬はごまかそうかとも思ったが、やっぱり、
自分の秘密も言うことにした。

彼女と秘密をシェアするのは、
なんだか気持ちがよさそうに思えたのだ。

「私もさ、結婚してる人と毎週食事したり、してるの。」

彼女はぎょっとして、それこそ、一歩のけぞってまで、驚いた。
そして、「かなり意外。」と言った。

「本気か遊びか、どっちなんだろう。。。気になるね。」と
彼女は言ったが、
どちらかというとその疑問は、彼女の彼に対して問いたい。

私はどちらかというと、あの人には、曖昧なままでいてほしい。
本心も結論もいわないでほしい。

そういうことが気になる限り、彼女には、
未来を一緒に考えられる人と付き合って欲しいと、
身勝手にも思ってしまう。

恵比寿駅前の雑踏で、彼女は手を振る。
少女漫画の女の子みたいな、大きな目でこちらをみている。
しっかりした笑みを浮かべた口元には、小さな歯が並んでいる。

自分がもし男だったら、
こういう時に恋に落ちるんだと思った。

きっと、なんとかしてあげたいと、
おせっかいにも思ったりしちゃうんだ。



東京事変


閃光少女
by youtube.com


2008年02月29日

Unfaithful



「はい、これ。」
風邪をひき、しんどいというので会社を休んだはずの彼は、
なぜか早々にベッドからぬけだし、パソコンでゲームをしていた。

なんて軟弱な男だろう、とは声には出さず、
彼女は予てから一応用意していた、
バレンタインのプレゼントを差し出した。

「え?なに?」
彼はきょとんとして、差し出したものを手に取ろうともしない。

「ハッピーバレンタイン。でしょ?」

「ありがとう。でも、なんで?」
彼は戸惑ったような照れ笑いをしながら、箱を開ける。

「何よ。うれしくないの?」

彼女は仁王立ちで彼を見下しながら言う。
すっかりでかける仕度をして、
めずらしくフレアスカートなんてはいている。

「だって、全然興味なさそうだったから。」

「私はたしかに興味ないけど、
あんたはとてもあるということがよく判ったからよ。」

中身をみて、彼が尋ねる。

「これ、なに?」

「羊羹。あんこでできてるのよ。」

「あんこ。。。。ねぇ、僕あんこきらいなの知ってるよね。」

「えぇ、でも、あなたさっき私が和風と洋風どっちがいい?って
きいたとき、和風がいいっていったじゃないの。」

彼女はコートを羽織ってしまうと、首にヘンプのスカーフをまいた。

「洋風っていってたら?」

「チョコレートよ。でも、他の人にあげることにするわ。」

彼女はぺたりと彼の横に座ると、肩にすりより、
挑発的な目線を投げる。
真っ黒でタイトなベルベットのコートに包まれ、まるで黒猫のようだ。
メイクも今季流行の猫目で、
アイラインは目尻にぐっと長く跳ね上がっている。

最近の彼女は化粧もきちんとするし、
ネイルも少しでも剥げれば、塗りなおしている。
いつでも甘い、清楚な匂いがする。
すっかり、なんだか、都会っぽくなった彼女に、
彼は少し寂しい気がしていた。

「今日もきれいな猫ちゃんだね。パンツはどうかな?」

ぺろりとスカートをめくる彼に「ニャア!」と唸る。
彼は下着を確認すると、それだけに満足せず、
彼女の柔らかい尻を鷲掴みにし、ペン!と叩く。

「痛い!ど変態。」

彼女は吐き捨てるようにいいながら、にやりと笑ってみせる。
スカートを戻しながら立ち上がると、
バッグにラップトップを押し込み、チョコレートの箱を確認する。
オレンジ色の箱。あの人に今夜あげるチョコレート。

ipodを掴んで、イヤホンをつける。

「今日は夕方からパーティがあるから、遅くなるわ。」

「バレンタインにパーティ?なんの?」

「仕事のよ。ずっと招待されてたの、断ってたからさすがにね。
顔くらいだしとかないと、そろそろ愛想尽かされちゃいそうだし。」

彼は玄関まで見送りに出てきていた。

「そうか。楽しんでね。」

「夕食は冷蔵庫におかずがあるから、好きに食べていいわよ。
ごはんもあるからね。」

「うん。わかった。ありがとう。」

「あんまり遊んでないで、治すときに治しなさいよ。」

「うん。いってらっしゃい。」

キスをして、ちゃんとハグもして、ドアをしめる。
逆光の中で、彼の穏やかな笑顔が残像のように
彼女の目に焼きついた。



Rihanna
オフィシャルサイト


Unfaithful

by youtube.com


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。