2007年01月20日

8月、東海岸。



どうにもこうにも論文がマズイのですが、
このまま1月何も書かないのもよろしくないだろう

ということで。

まず
明けきってしまってもはや1月も過ぎ去ろうと
(ヒィィ)
しているんですけど、おめでとうございます(ぃた)。

2007年もひとつ宜しくお願いいたします。

今年はもうちょっと、更新ばんばんして、
もっといろんな人に読んでもらいたいなと
思っています。
がんばります。
デンパンの方も。

余裕が出来たら、他の表現方法も色々試してみたいなと
思っています。
案はあるんです。いろいろ。
お金もあるんです。
(ウソ)
時間がありません。
(ホント)

折角新年カードも書いてはみたんだけど、
遅々として進まぬ論文

負け戦アプライの書類作成に追われ
気分は最悪だったもので

喪中はがきみたいになったので載せません。
よく言って、シック。
率直に言って、ダーク。

縁起悪そう。


そういうわけで、ヘッダー写真集アメリカ編。
心が寒いので
つかの間の夏に思いを寄せるしかない。


:::augustus autumn:::
coast.JPG
8月なのに、秋みたいな空と広葉樹。
ただでさえ短い夏にこの木はなんでこう、
生き急いでいるのか。
機関車博物館の近くの入り江で。
おねーちゃんが1人日光浴をしていた。
この街の人々は短い夏に、することがいっぱい。


:::daisy:::
daisy.JPG
そうかと思えば、春っぽい花が咲いていたりして。
不思議な街。
「夏」がない。
夏かもしれないけど、日本の夏の定義ではない。
確実に。


:::tomato:::
tamt.JPG
マリーナの手前のお店の前で。
ロブスターを散々眺めまわして
飽きちゃったお目目に眩しい赤。
野菜としてのトマトの味を思い出した。
青臭くて、サリサリしてて。
最近日本のトマトは本当に甘くて柔らかいね。
日本の野菜全般、弱くなったと思わない?


:::pancakes!:::
pancakes.JPG
先客のテーブルの上をばっちりチェックしていた私は
「ホットケーキはムリだ」と
最初から諦めていたのだ。
だって、B5ノート位の大きさなのよ。
食べられるわけが、ないじゃないの。
でも彼は、わりとノータリンなので、そんなこと知る由もなく
嬉しそうにパンケーキとーイングリッシュマフィンとーなんて
注文して、結果コレ。
もちろん、残していた。もったいないよね。
私はエッグベネディクトとエビのネーブルソースがけでした。
しかしこれも多かった。


:::johnathan:::
jonasan.JPG
彼は「かもめのジョナサン」を知らなかった。
衝撃だった。「老人と海」に並ぶ、
アメリカ文学界のクラシックだと思っていたのだが。
その他彼は、「オールド・ブラック・ジョー」も知らない。
アメリカ音楽界のクラシックだと思っていたのだが。
彼は本当にアメリカ人なのか、最近益々疑わしい。
このかもめたち、道路を歩いて渡っていました。
なぜ飛ばない。
音速の壁に挑戦しないのか。


:::ferry:::
ferry.JPG
実はこれはまだ日本。
携帯写真引き伸ばしたら、汚くなってしまった。残念。
国際空港まで行くのが大変なのよ、共和国。
まぁ、共和国の空港も一応国際空港だけども。


:::sugar sugar sugar:::
suger.JPG
人気のロブスター屋さんのテラスで。
ふと、砂糖の白い袋と、青い文字と
テーブルの赤がナイスマッチだと思って撮りました。
初ロブスターは本当においしかった!
私が奴らを自然に、むずと掴み、
ばきばきと解体する様を、
彼は驚嘆の眼差しで眺めていました。
その日以来、会う人会う人、
「僕より上手にロブスターを食べるんだよ」と自慢した。
自慢になるのか。


2006年11月10日

sampai nanti



なかなかの長編というか
まば40始まって以来の長編だったバリ。

残りの話はデンパンのほうでということで、
こちらではこれで終わりです。

なんせ帰国後
いろいろあったのに
そっちの話がちっとも書けていない。
mixiにばっかかいています。
(mixiの方は本当に日記らしい日記です。)

そういうわけでバリ編エンドロール。

*Shiroi*
shiroi.JPG

シロイはカメラが嫌い。
つれて帰りたいくらいかわいい猫でした。
寂しくならないように
ガールフレンドの黄色い猫も一緒に。


*bulan biru*
bulan biru.JPG

青い月。
夜が降ってくる直前の気配。


*semut merah*
semutsemut.JPG

赤い蟻。
でかくてのろくて見た目はなんか危なそう。
だけど島内どこにでもいる普通の蟻。
時々ベッドにいて攻撃してくるのはもっと小さい黒い蟻。


*layang-layang*
layanglayang.JPG

これは凧。
立体的な船の形。
クタの海岸でおじさんが揚げながら売ってました。
バリに限らず、お隣のジャワでも凧は人気の遊び。


singa.JPG

シンガは聖獣。
古いお家の梁にはシンガか
聖鳥ガルーダの木像が祀られていて
そのバレ(小屋)を悪い霊から守っているのです。


長いことお付き合いいただきまして有難う御座いました。
次回からは、いつものまばたき40回節でお送りします。
どうぞよろしく。

2006年07月27日

lukisan cat air



先々週の連休、ウニウニさんとけいこさんが
共和国においでになりました。

山ほどお土産を持ってきてくださって
猫的には大変恐縮。
楽しい旅になるよう、
益々気を引き締めた次第でございました。

おいしい冷酒とおいしいお菓子に混ざって
ドイツ製のかわいい水彩クレヨンもいただきました。

これ。
806738.jpg
木箱もかわいい10色入。

早速もりもり描いてみました。


*abstrak; gigi air dan bulan*

gigiair.gif

水平線と月の抽象画。ってのは後付大義であって。
要するに全色の色の出方、雰囲気が見たかっただけ。
インドネシア語ではhorizonは”gigi air”と言いますが
これは「水の歯」という意味。かわいいよねぇ。


*wanita*
wanita.gif

ボールペン一発勝負で。
筆を出すのが面倒くさいんで、指濡らしててろてろっと着色。
黒の溶け具合が一番いいようです。
紫の発色が透明感があってキレイなようです。


*penari*
petari.gif

デンパサールのアートセンターで見た絵のイメージで。
これもボールペン1発勝負で。
バリっぽいけど、なんちゃってバリ。
赤の発色も鮮やかでよいようです。


ウニウニさん、ありがとう。



2006年05月12日

down under



結構前に
ヘッダーサイズにちょきちょき加工していた
オーストラリアの写真です。

すっかりちよろちゃんの「40シリーズ」に
おちついていた昨今でございましたが、
ふと衣替えの気分になりましたので
勢いで変えましたよ。



*倒木花*

felldown.JPG

倒木なんですけど、辛うじて根が繋がっているのか
しっかり花が咲いていたのです。すごい生命力。
マカダミアの木もあるような、ステキなお庭だった。
ブリズベン郊外のとある山荘にて。



*遊泳禁止*

danger.JPG

冬なのに、めっちゃ泳いでる人がいて、元気やなぁと思いながら
長袖の私はというと遠巻きに砂浜に腰を下ろし、
スミスのポテチをバリッバリ食べていた。そんな時の写真。
ごったがえしのゴールドコーストにて。

2006年04月25日

profile



今月初めくらいから
グーグルのイメージ検索で
ここまでやってくる人が突如増えた。
それも、海外のグーグル。

記事に出している絵ならば、いいんだけども
プロフィールに出していた絵だと
わりところころ変えてきているんで
折角きたのに、絵がないってことがある(だろう)。
前の絵の画像目当てに来ている人のために
ここらでいっちょ、過去プロフィールで出した絵を
総ぞろえさせておきましょう。



*smoke*

smork.gif

こういう、ニットで腹だしてる女の人が好きなんです。
おなか冷えそうだけど、大丈夫?みたいな。
ナオミレモン?とか言われてちょっと調子に乗って踊った
そんな初潮作です。



*40rains*

40rains.gif

40の道路標識に目がなかったにも拘らず
写真を恥ずかしくて撮れず、ちよろちゃんにお願いしたという、
そんな悶々とした思いをぶつけた殴り描きです。
でも、一番がんばったのは傘っていう。



*kucing*

kucing.gif

実際所要時間5分かかってないというちょっぱや猫ちゃん。
うちの猫のしっぽが短いからといって、
よそでしっぽの長い猫を見ると
ドキドキしてしまう私はおかしい子なのかな。


ちなみに、この中ではsmokeが一番イメージ検索にかかります。
クリスマスのアレといい勝負。
何でだろう。
煙のイメージって流行ってるのかしら。
ナイトメア・ビフォア・クリスマス復権かしら。



あ。
そうそう。

事後報告になりますが
実はこのブログをやめようと思っていたのです。
というのも、近々猫さん1ヶ月ほど旅に出るので
そういうのもあって長らく留守にするし、
(個人的に)おもしろいフィクションを思いついて
そっちに専念しようかなあと思っていたのもあって。
なんだかんだ言って
飽きっぽいっていうのが一番の原因なのですが。

で、やっぱり続けようと思い立ったのが
つい先日、
seesaaなどブログ5社協賛のコンテストが始まって
つい初日に、
ノリでエントリーしてしまったからなのです。

そういうわけで、もうしばらく私の
夢か現かわけわからん世界に付き合ってください。
(一応ちゃんと現ですよ。ノンフィク宣言は下げません。)
あ、でも6月はまるまるさぼりますんで、
そこんとこはご容赦ください。
何卒。皆衆、宜しくお願い申し上げます。


:::猫:::

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。