2008年02月19日

Unravel



お開きになったパーティの会場を抜け、階段を降りきる。
埼京線を電車が通り過ぎる。
この街では空は狭すぎて、星が見えない。

二人は並んで、歩く。

誰にもすれ違わない、
坂道を下る。
下りきったら五叉路、続いて、繁華街。
駒沢通りを跨いでしまえば、駅につく。

「楽しかったですか。」
彼女は尋ねる。
それから、随分、遅くまで居座ってしまいましたね。と言った。
彼は、少し熱のこもった声で
「えぇ、非常に楽しかった。若い人がああやって、
一生懸命活動をしているのを見ると、とても励まされます。」
と言った。

「よかった。あなたなら、きっとそうだろうと思って
お誘いしたんですよ。」
彼女は、前を向いたまま、優しく微笑む。
「ありがとう。」
彼は彼女の手に触れる。

「どうしようか。少し遅いけど、珈琲でも飲んで帰りますか?」
と、彼は提案する。

「えぇ。そうですね。今夜はほとんどお話できなかったし。」

「あなたは、とても人気でしたね。ちょっと妬けました。」

「また冗談ばっかりおっしゃる。」
彼女はけらっと笑う。手を、コートのポケットに突っ込んだ。

「本当ですよ。あなたはもう少し、自覚をしたほうがいい。
あなたと話をしたくて、
そばでうろうろ順番を待ってる男はたくさんいましたよ。」

「気にしすぎですよ。私が食べ物の前にいたから、
みなさん食べ物を取りにうろうろしていただけですよ。」

「いや、違うと思うなぁ。」

彼女はもう何も言わず、微笑んだまま
夜の乾いた空気を胸一杯に吸い込む。
そして彼は、こめかみのあたりに小さくキスをした。

通りがかった、バールに入る。
飲みなおしてもいいのだけど、おとなしくコーヒーを2つ注文する。

席について彼女はバッグから、
オレンジ色の箱を出し、彼に差し出した。
ほろ苦いオレンジピールのチョコレート。
家では毎晩ウイスキーを飲むと聞いたので、
それに合いそうなものを選んだ。

彼は大事に大事に食べますと言った。
彼のリアクションは彼女からすると非常に大袈裟で、
例えば、彼女が仕事で、彼のオフィスから100mほどはなれた
別のビルに来ている時なんかでも、
「近くにいるっていうだけでも嬉しい。」という。
感動しやすい性質なのだろう。

ディープローストのどっしりとした強い芳香が二人の間に漂う。
彼女は凍えた手を陶器に添えて温める。
きらきらと細かいラメのはいった、ベージュのネイル。

彼女は、手が大きい。

バスケットボールを片手でつかめるという
彼の手と同じくらいの大きさで、
中指なんかは彼のより長くて、すぅっ細いきれいな指をしている。
きちんと短く爪を切りそろえて、きちんと働く人の手。
指先までつやつやとして、ささくれもなにもないのは、
「きちんと手入れをしていれば、
家事くらいでぼろぼろになりませんよ。
特に、台所でお湯をつかわないようにすれば、
ほとんど問題ありません。」
というが、若いから、というのも多分にあるだろう。

彼は妻の手を思い出す。
妻の手は小さく、夏場でもかさかさとしていたように思う。
長い間触れていないので、よくはわからない。

「今日はピアスが左右で違うんですね。右は星で、左は雫か。」
彼は唐突に気がついて、言った。

「えぇ。よく片方だけ無くしたり、壊れたりするので。
そういえば、この前、恵比寿のホテルに行った時も
片方落としちゃったみたい。」

「本当?連絡してみようか?預かってくれているかもしれない。」

「いえ、たいしたものではなかったので、いいです。」

「じゃあ、今度プレゼントしますよ。早めに待ち合わせして、
ピアスを選んで、それからごはんを食べよう。ね。」

「いいんですか?やったぁ。」

いつもなら申し訳なさそうに
「いいですよ。そんなことしてくださらなくても」と、
言うのだが、即座に受け入れ、笑顔を向けてくれたのが、
彼にはたまらなく嬉しかった。

彼女はカウンターの下で繋いだ手を彼の膝に置く。

「ごめんなさい。
もっと早く会場を抜ければよかったですね。もう終電の時間。」

「いえ。いいんですよ。
僕はあなたとアレを目的に、会ってるわけじゃないし。
一緒にこうやって過ごせることが、僕にはかけがえの無い時間です。
……でも、僕にそんなことを言う資格はないかな。」

彼女は黙って、彼の膝に置いた、繋いだ手を自分の腿の上に置く。
柔らかい感触と体温が、スカートごしに伝わる。
彼の手が温かくなるのも、感じる。

「ちょっと、うれしいな。」
彼の優しい視線を感じながら、
彼女は呟き、首を横に傾けた。



Bjork
オフィシャルサイト(国内)

Unravel
by.youtube.com


この記事へのコメント
なんだか私も恋をしたくなってきました。イケナイことですが…。仕方がないので過去の思い出にでも浸ろうかな( ̄〜 ̄;)そしてこんな私も猫さんの魅力に惹かれてる一人です。表現力やボキャブラリーの豊かさにいつも感心してしまいます。
Posted by まなみ at 2008年02月21日 12:22
私の恋人にそんなことしたら、きっとホテルにかつがれてしまいます。彼、心はラテンなんです。顔は。。。

私、全く劇細ではありませんよ、今。ぽっちゃりしてきました。忘れていた食欲が蘇りまして。

そしてそして、ブログ引っ越します。まだ仮ですが、
http://odoruka.blog.shinobi.jp/
ですっ。
Posted by カルメン at 2008年02月22日 22:06
●●●まなみさん
恋。だんなとは?やっぱちょっと違うものですよね。ですよねっていっちゃまずいのか?”でしょうか?”の方がモラル的聞こえはよろしいのかな。

なんだか、褒めていただいてテレますな。赤面。

このような常識もモラルもない、蓮っ葉でいい加減な女子にはあまりにあまりまくった賛辞を頂戴してしまいまして、畏れ入ります。ありがたやんやん。

Posted by neco at 2008年02月23日 13:38
●●●カルカル
ついに彼とはそこまで到達したんですか?ずいぶんじらしていらっしゃったと記憶しておるんですが。ほーん。

食欲戻ったとのこと、きいて安心しましたわ。
私の方は最近、米をしこたま食べます。ギャル曽根さんほどではないですが、食後は腹がぽこっとするほど。一食に米を2杯や3杯はお代わりをするという、高校時代に戻ったかのような食欲を発揮中です。でもぜんぶ指先と脳で消費されて一向に太る気配はありません。歩くとオーバーニーソックスがずりさがってくる情けない風体です。肉くれ、肉。
Posted by neco at 2008年02月23日 13:45
あまりにも束縛してくれないので、私も最近ふと息抜き(語弊がある?)がしたくなります。謎の時間帯があったとしても聞かれることもないし、気にならないのかな、と。関係は持たないとしても、1対1で内緒で会ってくるのはありだろうって思います。放置してやるー!
Posted by maya at 2008年02月23日 21:01
●●●mayaちゃん
彼の気をひきたい、やきもちやいてほしいっていう理由で、別にすきでもない男と内緒で出歩くのは、しょうもない女のすることだからやめたほうがいいと思うよ。
男はそういうのいじらしいと思わない、逆に萎えるというのが、数々のインタビューから私が導いた法則です。

いいじゃん、束縛しない男。いい男じゃないとなれない素質じゃないか。
Posted by neco at 2008年02月24日 00:44
何が常識でモラルのある行動かなんて、やっぱり人それぞれで、過半数が同じ意見ならそれが常識になるんでしょうか。最近、心理学の本を読んだんですが、そんなことを書いておりました。心理学、なんて大それた本ではないんですけど@@;秩序ってなんなんでしょう。でも、恋人がいても結婚してても、恋はしてしまうモノやと思います。

それから、猫さんみたいな独創的な世界とゆぅか、独特の世界観みたいなものをもっている人間がこちらにはいないので、そこがまた私にとっては魅力やと思うんです。私も靴下ずりさがらんかな…^^;
Posted by まなみ at 2008年02月24日 15:35
●●●まなみさん
私が最近読んだ文明論だなんだっていう本にも同じようなことが書かれていました。常識だからってそれ以上の思考をやめるのは非常に危険だ、ちゃんと自分で考えないと思った。
秩序とは、国家そのものである。国家とは境界なしに存在できないものである、と思う。それ自体が幻想である、とも。
なんか難しいこと言い出したらきりがないね。やめよう。

「基本的に男女のことを書く。」というルールをここでやっていて、かなり不自由だけど、不自由なりにたまにすごくいい作文が書けて、自分でも何回も読み返しちゃったりするのはあるけれど、最近はそうでもないなぁ。なんか凝り固まった感じになってきたような。昔は枷があってももっと自由に書けてた気がする。ってなんか弱音みたいなこと言ってますけど。

靴下、みんなソックタッチでとめてるのかな。。。10年ぶりくらいにソックタッチ買おうかな。。。
Posted by neco at 2008年02月24日 21:06
こんにちは。
ぬぉ〜!面白そう。
はぁ〜 イイナー 私も早く働きたいよ。
中学の時から夢見ては2度3度努力する前に挫折味わって「カミサマのばっかもん!」と思ったけど、でもそれでも足がいたくなってみると、やっぱり「なんでもいい。働けるのならなんでもいい。何でもいいから社会に関わって手を動かしたい、足を動かしたい、頭使いたい。」ってただそれだけを思うね。
この気持ちを2次にバッチリぶつけていくのだ。
我武者羅に働くのがいいってわけでもないし、なんだろうな?いい働き方って。やっぱりその背中、追いかけたいッス!と思える人の元で働くことなのかな?いや、なんか違う。
それだけだったら単純すぎますね。 
necoさんのブログ読んで時々そんなことをふと考える、いいきっかけになっています。
産業廃棄物の記事は、あくまでも素人だから感じたことであって特にこれといって奇抜な意見を書くわけではないので期待しないで緩い感じで読んでチョ。それからブログ、今のブログに全て書いた記事を載せるけど。それとは別に元々ブログは人と交流するために書いていなかった(親父にも見せてたんです、初期のは)初心に戻ってアッチで書きます。
社会的なことやブログっぽいのは全てソッチへ。そのほうがnecoさんも読みやすいと思うし。
あとでURL伝えに参ります。

それからmixiはどうやら3.3のひな祭りの日をもって退会されるらしいです。
なんか縁起悪いなぁ。>嫁にいけなくなったりして・・
コメレスはメールで、どっしり書いて送る予定なので覚悟ヨロチクビ。


Posted by mayumi at 2008年02月29日 10:17
●●●mayuちゃん
私は「その背中、いつか追い越してやる」と思える人に師事しちゃう。いつまでも「このおっさんすっげー」っていう憧れじゃなくて、絶対抜いてやろうと思ってて(口に出しては言わないけど)、そういうのが「おまえはこわい奴だねぇ」といわれる所以ではないかと思う。
そういう背中がある環境って、幸せなことだよね。生活・娯楽のためだけに働くのはなんかさみしいもの。

今日は200通を越えるアクションメールが本業副業両方に届いていて、対応に追われています。ありがたいことです。
んでは。
Posted by neco at 2008年03月06日 13:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。