2008年01月31日

Poltergeist



宝石のような、色とりどりのガラス瓶の中から、
僕は真っ青な瓶を選んだ。
「メディテラニアン」という名の通り、海のイメージの箱。
赤い小さな紙袋に入れられ、手渡される。
やたらに肌の白い店員は愛想よく微笑み、
僕は「謝々」と言い、店を出た。

何十分もかけて、彼女のイメージを探りながら選んだ。
彼女は喜んでくれるだろうか。
それとも好みに合わず、迷惑に思うだろうか。
香水を使っているのかどうかはわからないが、
彼女の肌はいつも石鹸のそれではない、いい香りがする。
香りをつけること自体を嫌う娘ではないはずだと思いたい。

もう1週間近く、彼女とは連絡をとっていない。

飛行機の座席にかけてすぐ、書類に目を通し始めるが、
ちっとも内容が頭に入ってこない。
彼女もこの会議にはくるだろうかと思いつけば、
それから延々、彼女を思わずにいられない。

東京に戻ったら、すぐにでも会いたい。
お土産を渡したいといえば、必ず会う理由になるだろうが、
何もないまま、会う約束をとりつける自信はあまりなかった。

僕の悪い癖は、こうしてしばらく彼女に触れないでいると、
こんな幸せが長く続くはずはないという強迫観念が増し、
不安になってしまうところだ。

僕は不安を打ち消すように、
最後に会ったときの彼女のことを思い出そうとした。
柔らかい肌やきれいな唇を思った。
僕の体に巻きつくしなやかな腕を思った。
彼女といる時間は本当に幸せだ。
もう疾うに忘れかけていた気持ちを彼女はもたらしてくれる。


飛行機は最終電車に間に合う時間に到着した。


翌日。午前。
メールの受信箱に彼女からの新しいメールは届いていなかった。
彼女にメールを送ろうと思うけれど、なかなか筆が進まない。
どんな風に書き出せばいいだろうか。
迷惑だと思われやしないだろうか。
しばらく悩んでも案がでない上、次第に不安になってきたので、
気分を切り替え、仕事のメールの処理を先に進める。

午後。
やはり、筆が進まないので、
たまっていた仕事を先に処理してしまう。
3時から、新宿で打ち合わせ。かるく夕食も済ませ、
7時過ぎにはオフィスに戻る。
9時前、ようやく彼女にメールを送る。
件名でしばらく悩み、「事務連絡」とした。
その後しばらく返信を待ってみたが、来ないので帰宅。

週末。
気が気でないままだが、
子供たちと過ごせば、かなり気がまぎれる。
彼女は週末でもメールは確認するようなので、
もう返信がきているのではないかと、
休日に職場になど行きたいとは思わないのだけれど、
気になって仕方がない。

週明け。午前。
職場に着くと、何よりもまず、受信箱を開ける。
彼女からは3通もメールが来ている。
内容は、いつもと変わらない調子で、
行間を適宜空け、うちの母親でも書けないような、
やたらと丁寧な言葉を連ねているが、
どこか若々しいノリのいいところもあるといった、不思議なメール。
僕は心底安堵し、また彼女が僕を気遣ってくれていることがわかり、
それこそ、飛び上がらんばかりに僕はうれしかった。
1通目は会える日と、食事は何でも構わない事、
2通目は、「おまかせしてばかりでは困ってしまうでしょうから」と、
いくつか店の候補を挙げてくれていた。
「必ず、これらの店でなくてはいけないということではありません。
お好きなお店があれば、其処へ連れて行って下さい。」と、
但し書きまでしてくれている。
そして3通目は、予定を繰上げたので、火曜日も空いたとの連絡。
そして新しく洋服を買ったから、
少しおしゃれをしていきますと書いてあった。
(きっと、貴方の好みだと思いますから、御楽しみに。)とも。

僕と会うために予定を調整してくれたり、
服を新調してくれたのだろうか。
最初は目を疑い、何度も画面を覗き込んだ。
僕のためだけ、というわけではないとは判っていても、
心の中だけに留めている分には、そう都合よく、思い込んでいたい。

僕はすっかり感激して、しばらくその幸福感の余韻に浸り、
昼前まで返信を出さずにいた。

そんなふうなことを告白する僕を
彼女は「大袈裟なんですね。」といって笑うのだが、
僕にはそんな彼女のすました態度もかわいくて仕方がない。
そういいながらも、顔を少し赤くして、
冷たい指をあて、頬を冷まそうとするしぐさを、
ありありと思い浮かべる。

それだけで僕は、なんだか沸騰しそうな気分になる。

本当は今夜にでも会いたいが、
せっかくおしゃれをすると彼女がいうので、
明日まで我慢することにする。


椎名林檎
オフィシャルサイト

ポルターガイスト
平成風俗大吟醸 ver.

この記事へのコメント

オォウ!
やっと此処で「彼」登場!!

ボクは元々が恋愛小説が好きじゃない性質なので、恋心を 綺麗な言葉・美しい表現・文体で描かれていても全然入っていけないんですね。necoさんは文章がとても綺麗だと思うけど、そのことよりも まず「自分を大切にして生きている彼女の美しさ(極論を言うと、イイ女もイイ男も自分を大切にできる人だと私は思っています。自分を大切にできない人が人を大切にすることなんて出来ないと思ふ)」と「necoさんの他人よりも、自分に正直に生きている活力=活字」が大大ダイ好きです。

ちなみにボクは、自分を大切にして生きていなかった。
そういう状態で恋愛しても、自分を大切にして愛してくれる男性よりも 《逃げ》から私のことが可愛く見えて気持ちいいことをいっぱい言ってイイコイイコしてくれる男性が魅力に見えちゃうんだなぁ... 当時、私のことを愛してくれていた男性は気持ちはあるのに「愛してる」っていえない人でそれがオイラは超不満で「もぉッ、好きなのに!」って不満と相談した相手がその人だった。  彼も彼で現実から逃げたいことが家と生きることにあった。私は、初めてお互いのことを認め合い尊敬し信頼し合える男性にめぐり合えたんだ!って浮かれていたけど、実際はそうじゃない。傷を舐めあってただけなんだ。
(過去のも含め)blogには書いてないけど卑怯な逃げ方されて痛い思いしてやっとわかったよ。
「からかわれちゃっただけなんだ〜」って。
で、
そのことで怒ってた過去の自分が今は情けなくってサ。

こっ恥ずかしいくらい自分に正直になって、己を少しだけど磨いていって 気付いた。
自分に自信ないから、女としての自信を男性によって強くしてもらおうと思っていたことに。
だからボク、もう。
何があっても「逃げからはじめる本気恋愛」はしないんだぁ〜。


私、「彼女」とは正反対なのね。
そんな経験もあって「遊びだったと言われてもシレッとしていると思う」というのは、「うん。そうだろうなぁ・・」って深く感じるものがありました。私の短いコメントのせいで、たくさん解説して頂き申し訳なかったです、でもそれらのレスも「ほぅ、はぁーん」と色々私なりに考えさせられるものがあって、すっごく楽しかったです!妬みとか嫉妬とかではなくて、綺麗な気持ちで「オンナとしての自信を自分でてにしていったであろう・・彼女」が素敵で うらやましいって思いました。

でもボクも過去の「自分を大切にできないままのかわいそうな女の子」のままではおわりません。
絶対に、超ーーッ気持ちいいセックスするんだもん♪
足が痛いくせに、心とスケベ欲全開のマー君ですッ!!
 

ぎゃぁッ、長くなっちゃったよー。。
Posted by mayumi at 2008年02月01日 18:48
●●●mayumiちゃん
また、えらい長いね。ぜひこの場で自己記録を更新していってほしいものです。期待しちゃう。

この「彼」と「彼女」について、あなたがどういうふうにとらえるか、書き始めたときに一番気になったのは、そのことです。あなたが、せっかく仕舞い始めた過去を思い出して、つらくなりはしないだろうかとか。どうでしょう。逆に逞しく、糧にしてくれているのかもしれないと、コメントからは感じています。

今回のストーリーは「彼」がいった睦言の断片を繋いで、結んで、できました。

だから、これは彼の本心ではないかもしれない。最悪の場合、「彼女」のことは●●●くらいに思っているのかもしれない。そうだとしたら、それはそれで、うまく演技をするものだと、感心してしまう。

私も多分、二十歳前後は、寂しさを埋めるような恋愛をしていたと思う。私は、実父の在り方のせいで、ものすごいコンプレックスを抱えたまま(今も多少それはある)相手にぶつかっていたから、軟弱なオトコノコたちじゃ簡単に折れてしまうのは当然で、でも私にはそれが理解できなくて「どうして誰も愛してくれないんだろう」って思ってた時もあった。重かったんだよ、ふつーに。男としてじゃなく、父親的存在としてみられちゃぁ、適わないでしょう。

今は、どうかな、mayuちゃんのいう「正反対」だとか、そういうのはわかんないけども、逃げる恋愛はしていないと思いたい。得る恋愛。でも征服する恋愛ではなくて。凌ぎを削って得るようなんではなくて。
「彼」の存在が現在の私をより美しくさせているのは確かだけど、そうさせるのが、自分の「相方」ではないことを、残念だとは思わない。まえは確実に、”なんでコイツはこんなにダメなんだ、あの人とは違うわね”と、優劣をすぐにつけては蔑していたのに。こんなにバランスをとれているのは、かつてなかったようにも思う。


そだ。
あえてmayumiちゃんのブログにはこの頃コメントをしていないんだけど、更新されればいつも読んでいます。あなたには、それぞれのやり方で支えてくれるご家族やお友達がいるみたいだし、状況のわりにとても安心しています。

Posted by neco at 2008年02月02日 16:48
necoさんは、いいのぅ〜。
魂込めて堂々と語るから、そこがボクはとてつもなく好きです。

えっとですね・・
体がしゃれにならん状態になってきまして、精神的に落ち着いてない状態です。
今もケロッパしそうな状態でおさえながら書いてます。
>そんなんなって書くな!って話なんだけど 
自分のところで記事書くのは抵抗無いのだけど。
返事,書けないや。

所詮blogだからと甘えて、necoさんに軽い感じで返すの僕はイヤだし、かといって 自分のことも書いてもらったのにそのまま何も言わずにいるのもいやだったので
そのことをレスしようと思ってやってきました。

また落ち着いたら遊びに来て、真面目な気持ちでレスしたいと思います。
Posted by mayumi at 2008年02月09日 11:39
●●●mayuちゃん
無理せんでね。あなたの気持ちはよくよくわかったから、じっくり治すことに専念すべし。
いつまで私とのお食事を延期するつもりさ?さっさと治してうまいもんくいに行くわよっ。
Posted by neco at 2008年02月10日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。