2008年01月20日

confusion



低級のビジネスホテルの地下は
ダブルとツインのみのフロアになっている。
フロントではダブルは満室、ツインしか案内ができないと言われた。
こんな場末のホテルでも混むようだ。
上の階はシングルの部屋が並んでいるらしい。
階段を降りると、
一種の逢引宿のようになっていて、
両側を小部屋にはさまれて続く壁の薄い廊下を歩くと、
ドアの向こうから女の漏らす声が聞こえる。
右の部屋からも、左の部屋からも。

古ぼけた赤い絨毯。安っぽそうできらびやかな
ゴールドカラーのシャンデリア。

彼女は思わず、くすくすと笑った。
彼はどうしたのと振り返る。
「だって、あまりにも声が丸聞こえだからおかしくって。
ここ、本当に東京なの?」
あまりに屈託なく笑う彼女に彼は
少し困ってしまって、
うやむやと何かつぶやくようにただ微笑んだ。

カフェとラブホテルとラーメン屋だけは、
故郷の方が充実していたなぁと
彼女はのんきに思って、彼に促されるまま部屋に入る。

ドアを閉めてしまえば、心が逸る。
抑制して、落ち着きを、平常心を取り戻すために、
彼女は部屋を見渡す。

部屋にも小さなシャンデリアがあって、絨毯も赤。
隣の部屋の男女の声がもぞもぞと聞こえ、
その逆隣の部屋からはあえぎ声が
相変わらず聞こえるといった調子。

彼は脱ぎ散らかすことなく、
服は全部並べてもう一つのベッドに並べた。
脱がせた彼女の服もきちんとベッドの上に置いた。

彼女は彼とのセックスが好きだ。
最初に肌を重ねた時から、忘れられなくなった。
ほとんど何もかもがちょうどいい。
それから、何が一番いいかというと、回復が早く、
何度も何度も、抱いてくれるところだ。
彼が情熱的に抱き寄せるだけで、彼女の体はすぐさま反応した。
短い時間を惜しむように、彼は彼女を求めた。

「今時、大学生だってこんなに元気じゃないですよ。」
彼女は彼の肩に頭を凭れて、呟く。
すっかり温かくなった手足を絡めて、
天井のシャンデリアを眺める。
隣の部屋からも物音はしなくなって、
階上の自動ドアが動く音だけが時折、ごごごと響いた。
「すっかり興奮してしまって。すまないね、疲れたよね。」
「いいえ。全然。」彼女はにこにこと微笑んで言った。
「奥さんは、たいへんだろうなぁって思いますけど。」
彼の指をいじりながら、彼女は言う。
今夜、彼の指に指輪はなかった。
「妻とは、もうそういう関係はないですよ。
2人目の子供ができてからは年に1回あるかないかくらいで。
ベッドだって、毛布で壁つくられちゃってるから。」
「壁ですか。。。」
「できるだけ気に障らないように、気をつかってばかりです。」

彼女は彼から家族の話を聞くのが好きだ。
父親としての彼を見るのが好きなだけかもしれない。

「あなたとこうしていると、すごく幸せで満たされた気分になるよ。
ありがとう。」

「いえ。いつもお世話になっているのは私の方ですから。」
「それは僕も同じですよ。」

彼は彼女の閉じたまぶたにキスをした。
彼女は顔を上げ、彼の唇に吸い付く。

「あまり優しいことばかり言わないで、時々は意地悪してくださいね。」
「どうして?そんなことはできないよ。」
彼はそっと彼女の鎖骨に舌を這わせる。

「でも、そうしてくださらないと夢中になってしまいそうだから。」
「本当に?」
「ええ。好きですよ。あなたが予想しているより、おそらくずっと。」
「嘘でもうれしいなぁ。
憧れの女性にそんなふうにいってもらえるなんて。」

彼女は彼の目を見る。
暗くても、彼もまた、彼女の目を見つめているのはわかる。
それほどに二人はしっかり体をくっつけていた。
お互いの呼吸を感じていた。

「嘘だと思いなさるんだったら、その方がいいと思います。」

彼女はそういって、彼の胸にもぐりこむ。
シーツと肌の隙間から、体液の混ざり合った匂いがした。

「でも、もう一言だけ、今だけの本当の気持ちをいうと、
ずっとこうしていられないのが、寂しい。」

彼女の背中をしっかり包む大きな手に力が入る。
滑る蛇のようにシーツの摩擦音をさせながら、
彼はより強く彼女を抱きしめた。



椎名林檎x斎藤ネコ

錯乱
by.youtube.com


この記事へのコメント
エェッ!

...って
ここで驚くオイラはガキンチョなんだろうか。。
Posted by mayumi at 2008年01月23日 12:52
そうか、故郷のほうがおおいんだ、3大娯楽施設。いったいココ(M市)はどういう街なんでしょうか!今度あらためて街を俳諧してみるわー。
「今だけの本当の気持ち」・・・なんか名言とか思っちゃった。切ないなあ。
Posted by taki at 2008年01月23日 19:17
●●●mayumiちゃん
いろんな反応があるだろうなぁと思っています。

たぶんすっごくネガティブな感想を持った人もいると思う。

タイトルは「錯乱」ですけども、個人的には、少なくとも私は自分のしていることを錯乱のせいにはしていません。多少の、女としての男を喜ばせるための演技はあっても、言っていることは嘘ではないし、
後々、「ただの火遊びだった」といわれても、私はしれっと生きていけると思う。って余裕いってられるのも、まだこの関係において自分の方が上位だと思っているからかもしれないけど。
Posted by neco at 2008年01月24日 07:03
●●●takiさん
そうですよ。特にラーメンは今のうちに満喫しといてくださいよ。こっちのラーメン、うまいよってつれていってもらうところは軒並み「ラーメンショップ」レベルです。しかも出てくるん遅い!もぉ〜、がっかり。
ラブホも共和国の方が安くてオシャレなのが多いです。フツーに住みたくなるようなラブホが目白押しです。
やっぱ、共和国いいですよ。最高です。


「今だけの本当の気持ち」っていうのは、しかし、相手に突き刺さる言葉だなぁと思います。
Posted by neco at 2008年01月24日 07:10
ごめんね。
短いコメントで失礼だったと思う。

読んでネガティブな感情は持たないよ。
それから人の恋愛やセックスについて どうこう言うほどボクは頭悪かないよ。
一緒にいるようすに驚いているのではなくて、驚いたのはクリームブリュレ叩きながら男性の言葉を冷静に返していた「彼女」の様子からして takiさんのコメントのパクリみたいになっちゃうけど。「今だけの本当の気持ち」って言葉が出てくるのがまったく想像つかなくて それで「えぇーっ?」って驚いてしまった......

ボクがまだいろんな経験が少なくいから っていうのもあると思うけど、他に読んでいる人はどう思ったのかな?って。
「そこは表現したら良さがなくなる」とかあるのかなぁ?とか思っていたけど。
コメントがついてないのが不思議なくらいです。

Posted by mayumi at 2008年01月24日 17:00
●●●mayumiちゃん
(重複してた分は消しました。ありがとう。)

mayumiちゃんはただ単に「驚いた」んだろうというのはわかっています。ビックリどころじゃ済まない人も世の中にはたくさんいるんだろうな〜と思っていたので、あなたの感想があまりにライトでこっちがビックリしました。あなたの考え方、本当にあなたらしいね。すきですよ。


全ての出来事を詳細に書いていないにしても時系列的な彼女の気持ちの変化は各ストーリーで徐々に拾えると思います。1回目で冷静に返しながらも「もう1軒つきあいますよ。」といってることから完全に拒絶しているわけではないこと、2回目で「つまり、あれ?恋ってこういうふうに、始まるものだっけ。」といっていること、ここですでに自分の気持ちもいってしまっているわけです。それから3回目の話では彼女はすでに、何をいえば彼が喜ぶかを知っているし、彼に抱きしめられながらも通行人にウインクするほどの余裕すらある。
この時点でかなり2人は親密なレベルまでいってる、と読めば「今だけの本当の気持ち」を彼女がここで言うことに違和感は然してないと思います。どうどう?

「今だけの」っていうところもポイントです。服を着て、お化粧を直して、世間に出てしまえば、そんなことは他に誰が聞いてなくても言いません。
全くの節操なしに彼に接しているわけではないし。だからこそ、「今だけの」気持ちを洩らすのは大サービスなわけです。
Posted by neco at 2008年01月25日 12:26
あぁ・・うん。
necoさんが言う彼女の気持ちの部分まで視野に入れていました。
その上で驚いていました。
バリの場合と表現が違いますね。
バリの男性の場合は名前もあって、彼女が彼に魅力を感じてるイロが出てて...
(私はあの 日本とは違う色彩を感じる文章、好きです)

で、この男性はバリの時とは違う。
男性がオトコとして彼女に急速に惹かれている様子はわかるけど、彼がどんな人物なのかがわからないし
今までのコラムから言って「彼女」は自分に自信を持てないが故に男性に気を持たせるようなことを言ったりやったりする女性には見えないわけです。 そして彼女はこの男性に向かってこうも言ってる「貴方のことはわからない」と食事している時に。
私としては、この男性のどの部分にそんなせつなさを感じる魅力があったのかなぁ?って。
でも「あれ?恋ってこんな風にはじまるんだっけ」って言ってる感じを考えると
そこは探求しなくてもいいような気もして。
こんな言い方失礼かもしれないけど、↑の台詞を「恋のはじまりだっ!」と 熱っぽく言ってる彼女だと男性に包まれて切なさを感じてるのが分かり易くなっちゃって。それだと何処にでもいるジョシになっちゃうんでしょうね。
そうならないところが私がnecoさんの好きなところ。
,,,,分かっていただけたでしょうか?
ボクが驚いた理由。
(ホントだ・・この男性、未知だ)って思わず 前の記事に戻って思ったもの。
最初、未知なのは 酔っ払いの彼氏にため息ついてる「彼女」だと思ったら・・
あーっ、やられた〜!って感じ。


ボクは今回の文章、純粋に好きです。

Posted by mayumi at 2008年01月26日 21:53
●●●mayumiちゃん
あぁ、かなり余計な解説をしてしまったわね、私。
まさかバリのと比較されていようとは思わなんだー。。。

日常のオンビジネスの場面で、既に素敵だなと思っていたかもしれないし、
オフィシャルの彼では埋まらない「空き容量」を埋めてくれる存在として渇望しているのかもしんないし、
しおらしい言葉を使ってからかっているだけかもしんないし。

そこは、断定も答えもしないので、
解釈はいろいろで。その方が楽しいよね。mayumiちゃんがこうやっていろいろ解釈を書いてくれるのが超嬉しいです。
Posted by neco at 2008年01月27日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。