2007年05月25日

Brianstorm


ビールを何杯おかわりしたのか覚えてないし
その後日本酒を何合おかわりしたのかも覚えていない。

帰るつもり満々で外に出たはずなのに、
数10メートル歩いた道端に煌々と輝く
ギネス、ハイネケン、ステラのサイン。

数秒立ち止まる。

彼の目が、よっていく?と問いかける。
私はぼんやりした目を閉じて頭をうんうんと縦に振った。
アルコールがコポコポと音を立てて脳水に拡散する感じ。
よく混ざったかんじ。

地下のドアを開くときは
すでにいい気分なかんじ。

ブリット・ロックは、ガンガンってほどではないにしても
肩をよせあって話をしないと通じない程度の音量。

アビーロードのジャケット、クラッシュのジャケット。
ジミヘン、カートのポスター。
そしてシド・ビシャス。
但し、
ゲイリー・オールドマンと
クロエ・ウェッブの「コスプレ」もの。

金髪長髪のゲイっぽいバーテン。

予想を裏切らない典型。
チェーン店でもないのに全国に溢れているとは
一体どういう原理のなせる業か。

客数はまばら。
まだクリーニングに一度も出していないような
新品の真っ黒いスーツを着た、いわゆる「新卒」の子達が
にぎやかに談笑している。

「新卒」の子ってなんであんなに目立つんだろう。

青い雰囲気も多分に手伝っているのだけれど、
どこからどうみても「新卒」という恰好をしている。
ああいった制服状態は誰がしかけるんだろう。
別段、会社が指定しているわけではないらしい。

なんで「新卒」の子たちはそれに疑問を抱かないんだろう。
リクルート・スーツのカラクリすらナゾだったけれど、
「新卒」というか、
いわゆるフレッシャーズ・スーツというものもナゾ。

1年で使い捨ての時代なんて、
前世紀の習慣だと思っていたが。
という話を彼の左耳にした。

手にしているのはキューバ・リブレ。
彼の手には目にも重たいギネス。

彼は「新卒」のくせに
ポール・スミスのグレーのピンストライプスーツで、
やっぱり、彼みたいに
全てをまず疑う脳みそを持っている男は違うのねなんて、
ちょっと感心していたところだったのに、
彼ときたら、実は入社式で後悔したと言った。
「こんなところで目立ちたくないよ。」

まだまだ出る杭は打たれる世界なのかな。
1ミリも個性を出せない?
教育が個性を謳った時代の私達だけど
いきつくところは個性なんて求めてはいなかったんだ。

たいしたことないなぁ。

彼が呟いて、
私はそれが誰に対するものかとか
何に対するものかとか
そんなことはもぅわかりすぎていて、
同じくその言葉を口にすることも、
同意を示すことも、しなかった。


私の友人が
突然カブールにいってしまった。
星がものすごくきれいな街だ。
でも、毎日誰かが死んでいる感覚が
こびりついて離れない街だ。

いつ帰国するかはわからない。
彼女はよく突然外国に行って
何ヶ月もたってから乞食のような恰好で帰ってくるが、
それはビジネスでなければ、ツーリズムでもなかった。
彼女はそれを「ただの移動」と言った。
そんな彼女が初めて
カブールにいる理由を「仕事」と言った。

行き場のない個性は、
いよいよ外に出て行くしかないのか。


Arctic Monkeys
オフィシャルサイト。

brianstorm
by youtube.com


この記事へのコメント
100回目だったのですね。おめでとうございます。
この記事は何度か読ませて頂いたのですが、何となくコメントできないままでした。
自分の甘さばかりが見えてきます。
Posted by びぃこ at 2007年05月30日 00:39
●●●びぃこちゃん
ありがとー。ぼちぼちやってたらいつのまにか100回だったの。

400回くらいまでやったらやめようかな。
まだまだ先はながいね。

この記事はなんていうか、怒ってるんです。何に対してかは、同じ世代だし、シロップ16g好きだし(関係あるのか)、きっとびぃこちゃんにもわかると思います。
Posted by neco at 2007年05月31日 00:22
100回目おめでとうございます。コメント遅くなりました。
怒りですか、その怒りを静めて差し上げることは
できませんが、出る杭と言われる物は出過ぎてしまうと
打たれないそうです。

僕なんてそんな日本に嫌気が差し、外にいってしまった
モノなんですけど、そこでも何かしらできることは
あったんじゃないか、打たれても打たれてもそんなの
気にせず上手くかわして、打たれない何者かになれたんじゃないか
なんて思ったりします。残念ながら今の僕は日本に
いれないモノになってしまいましたが...。
Posted by 1110mo at 2007年06月26日 10:27
●●●1110moさん
ありがとございますー。

怒りでもあり、「がっかり」でもあり。「教育」が目指したものと、受け口である「社会」が求めるものの乖離。どーにもちぐはぐな国だなーって思うがです。矛盾だらけで、意味あることを求める方がばかばかしいんじゃないかと思ったり。

出過ぎると打たれない、杭。なるほど。そんな人間になりたいです。
Posted by neco at 2007年06月27日 14:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42850293
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。