2006年08月24日

trainspotting



「ちょっと失礼するわ。」

彼女は口を押さえたまま、部屋に上がり、
奥のバスルームのドアをしっかり閉めると
トイレにしゃがみこんで
口の中に溜め込んだオムレツを吐き出した。

それから指を舌の奥に突っ込んで
吐けるだけ吐いた。
塩辛すぎるオムレツと、重いギネスビールは
想像したよりも易々と胃から出た。
急いでそれを流し、手をラックスの石鹸で洗い、
口をミネラルウォーターで漱ぐと
何事もなかったかのようにテラスに戻った。

「さぁ、私今日はすごく疲れてるの。帰ってくださる?」

竹を編んだ椅子に深く腰掛け、方膝をあげた姿勢で
彼女はそっけなく言い放つ。
この言葉をもう何度繰り返したかわからないが
彼は一秒でも長くここに居座ろうとする。
とりあえずビールが終わるまではいるつもりらしい。

「テラスでいいからさ、朝までいてもいいか?」

「ここは蚊がいっぱいくるし、困るわ。
さ、効いてこないうちに帰って。」

蚊取り線香の位置を調節する。
そのうなじに赤い斑点があるのを彼は見逃さなかった。

「それ、誰にキスされたの?」

彼女はきょとんとしてうなじに触れる。
数十分前のロビの唇を生々しく思い出したが、
何も知らないふりをした。

「蚊じゃない?この島の蚊はエッチなのね。」

「随分大きな蚊が君の周りにはいるみたいだな。」

彼は彼女を見た。
彼女は彼を見なかった。

「あまり困らせないで。あなたがいたら休めやしないわ。」

彼はようやく、わかったよ。と言うと
右手で顔をぐしぐし拭いた。
彼は腰布を巻いて白い開襟シャツを羽織り、
頭にウドンという布を巻いていた。
この島での正装だ。
こめかみや眉間に米や花がついていないところを見ると
儀式や祭事ではなく、集会でもあったのだろう。


「門まで送ってくれないか。暗くて歩けやしないよ。」

「いいわ。」

彼女がひらりとテラスを降りると
彼がその後ろに続いた。彼女は彼の指をとり、先を歩いた。

庭には石畳の小道が張り巡らされている。
ほの暗さに目が慣れてくると、
ほたりと落ちた乳白色のプルメリアの花が
石畳や草いきれのする芝生の上に
ぼぉっと浮かび上がって見える。


門の前に着くと、

「ごめんよ。無理言って。
どうしても君にあげたかったんだ。」
と、大げさに落ち込んでいるように言った。

「気持ちはありがたいけど、キノコは好きじゃないのよ。」

「わかった。じゃあ今度は別のものを考えるよ。」

彼はそういって彼女の右頬にキスをし、ぼんやり微笑むと、
バイクのエンジンをかけて、ゆっくり右に曲がっていった。


ちっとも酔っ払っていなかったが
耳たぶの後ろに嫌な気配を感じた。
もうすこし早く吐いておけばよかったかもしれない。
彼女は慣れた足取りで部屋に戻ると
コップ一杯の紅茶を飲み干し、携帯を手に取った。
すぐに済むと思っていたのに、もう11時だ。

「ロビ、まだ起きてる?」

彼女は送信ボタンを押してしまうと
落ち着きなくテラスのテーブルを片付けた。

焦燥するほど待つ間もなく携帯が鳴って、
彼女は部屋の灯りをつけたまま
再び門の前まで駆けていった。



trainspotting
dannie boyle (1996, UK)


この記事へのコメント
ロビー寝ちゃったのかい??

最初の吐いて、次に指突っ込んで吐いたら思ったより沢山ってのとなんとも無い風。
これ、私もたまにやります。体調激悪だけどどうしても呑まなければならないときとか。
【食べ物ゴメン!】トイレに向かって言います。でも、いつもじゃないよ?年に1、2回。だから、あーうんうんってかんじだった。キノコ野郎次は何いらないものくれるんだろー!ワクワクっ
Posted by ありんこ at 2006年08月25日 09:23
●●●ありんこさん
いえ。即来ましたので、門まで迎えに行ったのであります。

私吐くときも猫みたいでイラナイ分だけケロ!っと吐くんです。なもんで、暴飲暴食してもオーバー分だけ出る。エレベーターみたいな胃をしています。
というか、この時はまじでキノコ食べたくなかったんよねぇ。でも食べんと帰ってくれんし。面倒くさい男じゃよ。。。
Posted by neco at 2006年08月25日 13:45
ぬぉぉ。。


この後が気になる〜


ありんこ姉サマに続いて、ボクもワクワクッ♪
Posted by mayu at 2006年08月25日 13:49
●●●mayuちゃん
最近人生がめまぐるしくていかんよ。
Posted by neco at 2006年08月25日 15:05
耳たぶの後に感じた嫌な気配とは・・・?
最初蚊かと思っちゃったよ。でも「もっと早く吐いとけば」って書いてあるし・・・キノコ食べないと分からん感覚なのかしら?
ロビずっと心配しながら待ってたのかな。
Posted by うに at 2006年08月25日 16:22
●●●うにさん
なんかね、ぞぞぞぞぞぞっもわわわわわって血が巡る感覚が来るんです。

蚊はデング熱運んでくるんであなどれないですよ。

ロビねー、この時は起きて仕事でもしてたんじゃないっすかねぇ。
Posted by neco at 2006年08月25日 17:05
一年前の猫ちゃんのコメントをたまたま読んで、貴女の変化に気付く。若いって凄いなあ。才能ある個はやっぱ違うね。

ところで、バリには人間観察に行ってたん?
Posted by 牧歌 at 2006年08月26日 02:19
●●●牧歌さん
えぇ?何だろう。。。。。何言ってたの私。去年の今頃はボブと別れるだなんだで超もめてたんですよねぇ。そのせいで毎年楽しみにしてた昆虫展に行けんかったんだわ。で、今年こそと思ってたら、アメリカ旅行で日本にいなかったし。
昆虫展。。。すまんのぉ、蟲愛ずるお姫様。

ところでバリには。
まぁ人間観察といえば半分はそういうことになるんでしょう。この辺の界隈では農村調査だとか地域研究と呼びますが、ぶっちゃけヒューマンウォッチングにけが生えたようなもんです。で、もうちょっと自分のことに突っ込んで言うと、ある物質のフローと、それに対する地域住民・政府その他ステイクホルダーの関わり方だとか意義・位置づけだとかを観察して、ぎちっと今現在、この時点この場所でのサンプルとして真空パックにしてしまう作業が8割。これがバリでしてきたこと。
あとの2割でこの研究がどういうふうに社会的貢献に繋がるのかっていう、要するに学術的こじつけというのしをベン!と貼れば修論完成ってことになります。
Posted by neco at 2006年08月26日 12:58
猫さんの研究って何だろーっていつも思ってたんです、実は。↑で説明してくれたけど・・・結局よく解らずじまい。

ロビよ、このキノコ野郎(いい人だったらごめんなさい)から猫さんを救っておくれ〜!!
Posted by あい at 2006年08月26日 20:35
吐くのはあんまりしないなぁ。気持悪いと思う事はしょっちゅう有るんだけど、出なかったゲップを出すと、すっきりする。たぶん、ガスが体中に充満してるの。うん、いつも。
Posted by keiko at 2006年08月26日 21:55
●●●あいちゃん
そりゃあわかるようなわからんような言い方してるもんね。ある物質って何よ?みたいな。まぁある物質が一番の中心なんだよ。日本の国土面積の57%占めてるアレだよ、つまり。ってナゾナゾみたいだね。

デワもまるっきし悪い奴でもないんだけど、なんつーかちょっとずれてるんだよねぇ。
Posted by neco at 2006年08月26日 22:06
●●●keikoさん
それであんなところからも空気がでるんですかね?ミラクルkeikoバディ〜。
Posted by neco at 2006年08月26日 22:07
そうかも・・・そうかも・・・
Posted by keiko at 2006年08月27日 21:09
●●●keikoさん
ねー。
Posted by neco at 2006年08月29日 14:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。