2008年07月18日

すべりだい



なんとなく、彼とはしばらく連絡をとっていない。
もうすでに前回会ってから、1ヶ月半以上経つ。

特に無視しているとか、距離を置こうと奮起して、
そうなっているのではなく、私の方で長期出張があったり、
彼は彼で、アフリカの方へ出張があったりで、
なんだか疎遠になってしまったまま、
だらだらと連絡を取らないままになっている。

その間、彼からは2、3回メールが来たが、
大概狙ったかのようにタイミングが悪く、出張の合間のどさくさで、
返事もすぐ出せず、「あ、まずい」と気がついた時に返事をすると、
彼は嫌われてしまったんじゃないかと本気で落ち込んでいたといって、
非常に嬉しそうな文面のメールを30分以内によこすのだった。

飽きたとかいうほどもなく、よく知らない男だが、
少なくとも彼の子供の育て方には賛成できなかった。

知能指数を疑いたくなるような日本のメディアですら
毎日のように環境問題・資源問題・地球の裏側の問題を
取り上げているような、逼迫した時代。
現代って、信長や秀吉みたいにイケイケドンドンで進むはずはなく、
もうこのままじゃいよいよまずいんだっていうコモン・センスの時代。
いろんなことを、我慢できる人間に育てなくちゃいけない。
バブル時代みたいに、あれやこれやと買い与えて何の力になるだろう。
いざ、ほしいものはほとんど手に入らない時代に備えて、
あるもので済ます忍耐とか、
あるものから工夫をして新しく代替物を作り出す想像力とか、
そういうものを、今与えるべきなんじゃないかと思う。
ニンテンドーDSを一人一台ずつあたえるんじゃなくて、
二人で一台をうまくシェアする思いやりだとか、そういうのを、
伸ばす機会を与えないのは、
かわいそうだからっていう理由だけじゃ、
ぜんぜん理屈にならない。

欲しいっていうものは、
できるうちにできるかぎりかなえてあげたいっていうのも、
すばらしい親心かもしれないけれど、
少なくとも私は、彼の考えに賛成できず、

私にも甘々に、あれやこれやと与えてくれる彼を
少しもてあましているというのが、率直なところだった。

彼の部下が異動になり、その壮行会をした夜。
久しぶりに会った彼は、いつもより饒舌で
びっくりするぐらいよくしゃべった。

私は隣で、正面に座っている同僚の疲れている様子を気遣って、
静かにビールを飲んだ。
私の上司は、彼が私のことを好きだというのを、実に目聡く、
ずいぶん前から、気づいている。

私は、上司の表情を伺った。
上司は、なんでもないふうに、近頃の仕事のことや、
この前の北海道の出張の話なんかを、ゆっくり話した。
私は、少し安心をして、枝豆をぷつりぷつりと口に入れた。

じっと、相手の目を見て話す癖がお互いにあるせいで、
会話が途切れても目を逸らさず、この上司と話していると、
なんだか毎回、気恥ずかしい思いをする。
彼のフレンドリーな性質を前にしても、やや緊張するのはそのせいだ。

上司や、彼の部下とはよくしゃべったが、
隣に座っている割に、彼とはあまり口を利かなかった。


一人で終電間際の電車に乗ると、彼からメールが届いた。
今夜は本当に楽しかったことが長々と書かれていて、
また近いうちに会って下さいと締めくくられていた。

「そういうのって、なかなか簡単に切れないものなのよ。」
少し前にインドネシアに出張にしたときの相方だった
韓国人の女の子の言葉を思い出した。
彼女とはホテルの部屋も、飛行機の席も同じで、
1週間の出張中は、ずっとべったりほとんど一緒に行動して、
何から何まで知らないことはないくらいによく話をした。

「そういうのって、なかなか簡単に切れないものなのよ。」
冷房がききすぎて冷蔵庫みたいに寒い国内線の小さいプロペラ機に
二人並んで座っている時に放たれた言葉。
その前に、小さく連続して舌打ちをしたようにも思う。
彼女は、何か嗜めるときや、よくないわねぇと言う前には
必ずそうした。

そんな簡単に切れない彼を切ってしまおうと躍起にはならないけれど、
どうして彼はこんなふうに私をあやすんだろうとか、
どうしてこんなふうに次から次に求めるんだろうかとか、
うすらぼんやりした冷静さというか主体性のなさで、彼に接している。
飼った犬猫を最期まで面倒みない
鬼畜な飼主と等しい無責任さで以って
どう考えても、この関係はこのまま揮発していって欲しいと
願ってしまっている。



椎名林檎


すべりだい
by youtube.com



この記事へのコメント
でも、彼は妻子ある身だから面倒な別れにはならなさそう…?ではないですか?
彼にもう魅力を感じなくなったんでしょうか。猫さんの心境の変化、気になります。
Posted by まなみ at 2008年07月18日 02:50
●●●まなみさん
さて、どうなるんでしょうねぇ。。。
面倒なければそれにこしたことはないですが。

ちなみに韓国人の同僚(になるらしい。近々。拠点は違うけど)は、「また他に、もっと好きな相手がどちらかにできない限りムリよ。」と言っていた。
う〜ん、私はそこまでアグレッシブじゃないので、ここのところ、うちのボッチャンだけで全然満足なんですけども。

Posted by neco at 2008年07月18日 11:33
いろんなものが、今滑り落ちているのかな。
でも、こういうのは韓国の子の言うとおり
何か決定的なこと(気持ちの変化も含めて)ないかぎり、なかなか切れないものなのよ。
向こうがどんどんヒートして、手に負えなくなるとかね・・・。

Necoさんのこころがしっかりしていて
変に揺れたりしないといいんだけどなぁ・・。
Posted by Baroncia at 2008年07月18日 16:06
●●●Baronciaさん
向こうが勝手にヒートして、手に負えなくなるとか。。。。あながちなきにしもあらずなかんじなので、そこだけが心配。まぁ、妻子(少なくとも子)まで捨ててどうのこうのという話までにはならないと思うけど。

最近は本気で仕事がタイトで、且つ、家の居心地もいいし、ごはんもちゃんと自分で作って食べたい(食べさせたい)気分なので、あんまりフラフラ出かけません。最近はめっきり、よいこ。ピータロウがいうところの「グッドガール」です。そういや、ピータロウも上京しました。
Posted by neco at 2008年07月19日 00:31
「うぁ!いっぱい更新されてる〜」
午前中、ゴクゴク読みほしました。
お久し振りです、こんにちは。

baronciaさんと韓国のお友達に同意!
異性じゃなくても・・韓国のお友達の言葉で真っ先に浮かんだのは
necoベイビーの出現ですな。
うーん、necoベイビー可愛いんだろうなぁ♪(妄想ぽわわん

*********

そうそう、つい最近の話ではないけどボク、バリ行ってきましたよ。
サーフトリップで。
ローカルのサーファーに車とか全部手配してもらってアッチコッチ波乗り穴場スポットを案内してもらいました。
めっちゃフレンドリーというか気さくで楽しい方でしたよ。
日本人っていうだけで「金とれる」と思われてんなぁ〜と思うエピソードがいくつかあってそれも面白かったです。

肝心のサーフィンは全然板の上に乗れなかったけど。
思い通りにならないところがオモロー!だったね。
旅の最終日は勧告客に向けた踊りを見たりツアー客のお姉さんと御飯食べたりして遊びました。

*********


余計なお世話かもしれないけど久し振りに来てみて以前よりボクはnecoさんの話が面白く読める。前はフランス的恋愛というか、運命の人なんか信じないけど楽しむことはしっかり楽しむ女の強かさを感じていたけど、また違った女性とは違うひとりの独立した人としての面白さが伺えてわくわくしちゃうね。
あと勝手な想像でしか無いんですけど相手の男性って、もしかしたら愛されることよりも愛すことに自信が持てずにいるのかも。
子供に対しても、necoさんに対しても。



Posted by マーさん at 2008年07月22日 16:27
●●●マーさん
いっぱい。。。かしら。マーちゃんに比べたら全然です。すんませんナァ、量的読み応えのないブログで。
お久しぶりやねぇ。お元気ですか?っていうか、お元気そうでいつもなによりです。
こちら、デンパンブックスのサーバが知らん間に壊れたらしく、一生懸命書いてた作品群が消滅の危機にあるのを
かなりまじで憂えているところです。こういうことが起こりうるのか。。。ちゃんとファイル手元に残しとくべきだなぁ。

necoベイビーね。実はベイビーを作ろうとしてるんだよ、この2ヶ月くらい。
なかなかできないものでガッカリしちゃうんだけど。。。もっと月間発射数を増やさないとだめよねぇ。
そうそう、だばだばのマリーコ(現・ふじこ)は今腹にいるベビーに翻弄されてゲロはきまくってるってよ。
今交友周辺に妊婦が3人いて、そろいも揃って皆妊娠3ヶ月・4ヶ月。ブームですわ。

バリ行ったんだ。おもしろかった?
サーフィンだったら、ロヴィーナとかいったんかなぁ。。。
私のテリトリーは波が穏やかで激しく遠浅なので、
サーファーさんが少ないんだけど、クタとかだと、サーファーさんだらけで、
なんかビーチがいも洗い状態ですごいことになってるよね。。。
ぶつからないんだろうかとハラハラしてしまって注視できません。

私はまた8月下旬に会合があるのでバリ行きます。
都合つけば、あっちで遊ばない?夕方からは特に用事ないからOKだよ。

確かにね〜
昔の話の方が洗練されててかっこいいと思うなぁ。
今はなんか、だぶだぶしててかっこうよくない。
出てくる人も多すぎてよくわかんないことになってるしなぁ。
昔の話は彼と彼女の2人で完結してて、シンプルやったけども。。。
まぁ、それはそれ、あれはあれで、いいのかねぇ。

彼は、不器用な人だと思うよ。mayuちゃんの想像、あながち間違ってないと思う。
Posted by neco at 2008年07月22日 18:29
うぁーん、また行くんかい?バリ。


いいな、いいなぁ。
necoさんのバッグに入って一緒にいきたーい
実はバリに行く前、物凄く落ち込んでいたんだよ。
もうなんかいろんなものが嫌になっちゃってね・・「あぁ、こりゃ立ち直りきかないや」ってくらい。
いや〜、落ち込むのもいいね。
激しく落ち込まなきゃ、思い切ったことする気になんてなれないからさ。
まだ日本の波もマダマダだというのに、バリにサーフィンしにいったりして
こういうアホな精神力って超大事だね。
バリに行ってそれを教わったよ。

旅ってエネルギー使うのに、心の疲労はとれちゃうから不思議。
写真にあるみたいに踊りとか見て、きっと意味とかあるんだろうなぁ?って眺めるけど全然わからんし。
此処にnecoさんが居たら面白いんだろうなぁ、なんて思ってた。
ボクは今月仕事は休み、ない・・から今年の夏はムリだけどバリはまた絶対行きたい。というか行く!
今度行くことがあったらnecoさんに出張ないか聞くことにするよ。

あ、オカンかえってきた。
このまま投稿します
Posted by ま at 2008年08月04日 21:36
●●●まさん
バッグはいるかねぇ?私荷物が小さいのでいっつも同僚らにびっくりされるんよ。「どらえもんのポケットみたいやね。」と言われます。

バリはほんと、何か強〜いエネルギーに満ちたとこよね。開き直りパワー。。。

写真での踊りはみたところ、もう完全に観光向けプログラム編成ねぇ。ウルワツかどっか行ったの?見せ場オムニバス!ってかんじで、かなり見ごたえ十分だったんではなかろうかと思います。(実は私はまだそういうのは見たことないので、ちょっとうらやましかった!)

一緒にバリ徘徊するようなことがあったら、ローカルバリ案内するよ。おもしろいよ〜。
Posted by neco at 2008年08月05日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。