2009年03月29日

落日



地下にあるエスニックな感じのバーに、
私とカルメンがするすると入っていったのは夕方のまだ5時。

久しぶりの対面は、やっぱり久しぶりなだけあって、
よく体重が増えたり減ったりするカルメンの雰囲気は、
前にあったときよりも、少しはふっくらして、
血色もいいように見えたけども、
相変わらず目の周りから疲れがこぼれている。
一番驚いたのはストレートになった髪。

すでにDJが気持ちのいい音楽を満たしてくれている空間で、
さっさとコートを脱ぎ、ドリンクを注文した。
彼女はお決まりでビールを、
私はホットチャイを。

私の大きく膨らんだお腹の中にいる人は、
空間とチャイのあたたかい温度と、
気持ちのいい音楽に反応して、
ぼこぼこ元気に動き回りはじめる。

私は仲間たちに挨拶をし、カルメンを紹介する。
カルメンがみせてくれるアフリカのダンスに、
私もみんなも興奮して興味を示す。

まさに「生命」ってかんじの躍動感。

楽器の生演奏と踊りに見入って、
ブレイクタイムの間にクスクスを食べる。
都合よく空いていた丸太のカウンターチェアに座って、
私たちは2種類のクスクスをわけっこしながら食べた。

その間、ブログについて語る。
「私さ、あのブログ、もうやめようと思ってるの。」
カルメンは、特に驚きはしなかった。
「むしろ続けられた方が驚きっていうか、心配です。」
と言った。
まったくその通りで、今の私の生活は、
ピーターがいうところの「グッドガール」そのもので、
よき妻であり、よき母であることに忙しいし、
それを楽しんでいる。

そういうわけで、
今までずっと「まばたき40回」にあった、
退廃、背徳、だらしなさ、奔放、
垂れ流しの情動とかいうものを含んだ空気感は、
もう私が出せるものではなくなってしまった。

今まで書いてきた150近いストーリーが
最初から全てフィクションだったなら、
いつまでもだらだらと書き続けていられたけれども、
私はここを続けるために、嘘の話を書くつもりはない。

ダンスのショーの第2部は、
息をするのを忘れるほどのすばらしさで、
私とカルメンは興奮しきったまま、バーを出た。

思い返せばこの場所を通じてたくさんの出会いがあった。
実際に会った人たち、今でも交流の続いている人たち、
コメントやメールだけだけど、
友達みたいな感覚でそりゃあもう、
いろんなことを話し合ってる人たち。
コメントはしなくても、定期的に見てくれていた人たちも
たくさんいただろうと思う。

ほんとにほんとにありがとう。
思わぬ大漁に振り返りながら驚いてます。

まことに突然ですが、
まばたき40回(forty-winks=うたたね)は
これでおしまい。

みなさんごきげんよう。
よい人生を!



落日


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。