2008年07月04日

you're beautiful



「あぁ〜携帯パクられた・・・」

店に着くなり、サングラスをつけたまま、
オゲが誰ともなく呟く。

「どこで?」

「レノンでよ。ごはんたべてて、テーブルに置いてたの、
知らないおじさんが来てさ、盗っていかれた。」
オゲはまだ少し動揺した様子で言った。
携帯が盗まれるのは、この国では、別に珍しい話ではない。

「レノンも物騒なのねぇ。」
私は生白い腿にとまった蚊をぱちんと叩き殺すと、
手をぱんぱんと叩いて、のんきに言った。
レノンというのは、この辺では一番の高級住宅地だ。

「そーよ、あんたも気をつけなよ。
ぼんやりしてると、盗まれるとか、つけこまれるとか、危ないわよ。
ただでさえ、日本人なんだから。」

ただでさえ、日本人って。。。。私はもごもごと反芻しただけで、
言い返せなかった。確かに私はただでさえ、日本人なのだ。

「あ〜、お金ないのにどうしよう!」
オゲは顔をわっと手で覆ってしまった。

「中古で買えばいいじゃん。」

「最近は中古も結構、値が張るのよ。500くらいはするのよ。」

「500も?この前友達がカメラ付でも400で買ってたわよ。」
オゲが私に何かねだろうとしているのは雰囲気でわかる。
携帯そのものか、現金か。どちらかだ。

「それはあんたの友達がツいてんのよ。
私は最近ぜんっぜんついてない。。」

「例えば?」

「バイクは盗まれるし、携帯は盗まれるし、とにかくツいてない。」

オゲは椅子に腰掛けた瞬間、がくっと身を起こした。

「ほら、椅子だって壊れちゃったし。。。。」

「オゲの代わりに壊れてくれたのよ。
お寺にいって、お祈りしてきたら?
きっと悪い霊でもついてるのよ。
椅子だって、ボンドでくっつけたらすぐ直るって。」

「そうよね。。。」

「そうよ。大丈夫よ。それに、本当にオゲが困ってれば、
神様が助けてくれるよ。ここは、ただでさえ、バリなんだから。」

オゲは前回会ったときよりも、痩せた。
暢気にレゲエで踊ってた頃とは違う、悲愴な表情が、
笑顔でもにじみ出てて、ちょっと見てられない感じがした。

その原因がわかったのは、帰国日の夕方。

私はお土産のあまったショートホープをオゲと並んで吸った。
オゲが買ってきた安いアラックを2人であけながら。
それでも3箱ほどあまったので、
旦那に持って帰ればいいと勧めた時のことだ。

「旦那、いないし。離婚しちゃった。」

私は、絶句して、「そうなの。。。」とだけ呟いて、
また、甘くない煙草を吸った。
こういうとき、煙草があると、安心する。
喫煙家は、こういう場面で逃げ場を確保するために
吸っているんじゃないかとも思うほどだ。

「旦那はいないし、バイクは盗られるし、携帯は盗られるし、
今度は娘が腹壊して入院するし。」

「え?入院したの?昨日は元気だったじゃない。」

「昨日まではね。今朝急になの。救急車呼んだのよ。」

すりきれたCDの音が飛び飛びになって、ぶつりと止まった。
波の音がやたら大きく聞こえる。

だめだ、この店は。もう、貧乏くさすぎる。

「どこかへ行ってしまいたい・・・」

オゲがぽつりと呟いた時、
アコースティックのライブが静かに始まった。

「大丈夫だよ。ここにいて。ここには、オゲの友達も、
おにーちゃんも、妹も、おとうさんも、おかーさんも、いるじゃない。
大きな娘も息子もいるじゃない。みんな、力になってくれるよ。
ここにいれば、きっと大丈夫。」

私はオゲの細い手をさすった。頬にあふれた涙を拭った。
オゲは、もう疲れちゃった。と呟いた。

「今夜はなんだか変な気分。悲しいのに、なんだか楽しい。」
目に涙をたたえたまま、オゲは笑う。

「当然よ。アラックはたんとあるし、煙草もあるし、
ニョマンのライブなのよ。
アグンほどギターはうまくないけど、よく似てるわね。
煙草を吸わない分、声はもっと甘いかしら。。。
この曲、初めて会った夜に弾いてくれたの、覚えてる?」

「懐かしくなるよね。元気かな。」

「元気よ。どーせまた、毎日金髪の女の子ナンパしてんのよ。」

オゲはふっふっふと笑った。「で、グスには、その後会ったの?」

「会わないわよ。連絡先、きいてないし。」

「なんで聞かなかったのよ。馬鹿ね。」

「いいのよ、もう。
ところでさ、オゲもアユみたいにさ、新しい彼氏みつけなよ。
そしたら、楽しいよ。」

「私?ムリよ。おばさんだし。」

「ムリじゃないわよ。オゲはすっごくスタイルいいし、キレイだし。
よく白人の男がじろじろ見てるの、私知ってるんだから。」

「そんな。私、英語ぜんっぜんできないし。ムリ、馬鹿だから。」
そういって、手をばたばたさせる。絶対、絶対、ムリだってば。

「相手がインドネシア語はなせたらいいじゃん。マルコみたいにさ。
アユ、すっごい幸せそうじゃん。」

「私は、、、ムリよ。神経質だし。いっつも何か考え込んじゃって。」

「それは、恋してないからよ。年なんて関係ないって。
恋してちょっとくらいアッパラパーになってみたら、いいのよ。」

「恋ねぇ。できるかなぁ。」

「できるよ。まず笑って。
いつも難しい顔してたら、恋も幸も若さも逃げるわよ。」

「そりゃ、あんたも気をつけたほうがいいんじゃないの。
むずかしー顔してるよ、よく。」

「よくいわれるわ。」
私はけらっと笑った。
そして、ニョマンの演奏にあわせて、
ノーウーマン・ノークライを一緒に渋く口ずさんだ。



James Blunt
インドネシアでも超人気。

you're beautiful
by youtube.com



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。