2008年05月25日

New York



「まぁ、かわいい靴ね!」

エレベーターに乗った途端、
先に乗っていた白髪の強いカールの年配の女が、
にこやかに言った。

「ありがとう。」
私はこれで今日何度目だろうかと思いながら、少し微笑んで、
階を示すデジタルのパネルを見る。


ロビー階で降りると、
元マネージャーがソファに深く腰掛けて待っていた。
エントランスを出かけると、
ベルボーイが手を上げて挨拶をする。
「よいゆうべを、お嬢さん。」

「やぁ、見違えたな。すてきなドレスじゃないか。」
元マネージャーは呟くようにそう言った。
駱駝に似ている、という印象をもつのは、
彼の睫毛が途方もなく長いからだろうか。

「このドレス、ビジネス・カジュアルの範疇よね。」
「もちろん、パーフェクトだよ。」

34番駅で改札を抜けると、
大きな黒人のおばさん二人組みが
巨大なビニル袋を提げてなかなか歩けないでいる。
巨大なおばさんと巨大な袋で進めない。
どうせ進めないので、手伝ってあげた。
乗りたい路線もたまたま同じだ。

「あんたちっさいのに力持ちだね!」
おばさんたちは笑って、何度もありがとうと言った。

86番駅で降りる。
「昨日もこの駅で降りて、セントラルパークを横に散歩したのよ。」
かかとを鳴らせながら、構内を歩く。

「君は、3年前よりずっときれいになったね。」
元上司はいたずら気な含み笑いをしながら言った。

「あのねぇジェフリー、あなたと仕事するときはいつも
作業着か山の格好だったもの。
こんな靴もドレスも着て見せたことなかったでしょ。」
階段を上りながら、振り返って言う。

「外側ももちろんだけど、僕がいわんとしているのは、
それだけじゃないんだよ。」
彼はさわやかな笑顔をたたえて、私を見上げている。

「わかってるわよ。
恥ずかしいからさらっと流しとこうよ、そういうのはさ。」

「照れ屋なところは変わらないね。」
彼は笑った。
そういう彼はというと、3年前とちっとも変わらず、ますます年齢不詳。
おそらく40手前くらいにはなっているはずなのに、
30代半ば、30前半くらいにしかみえないようなときもある。

ホームパーティの会場は11階。
エレベーターを降りるとすでに玄関のドアは開いていて、
広い応接間の壁をぐるりと広くくりぬいた窓から、
セントラルパークの緑と、マンハッタンの高層ビル群の景色が見える。

「さぁ、パーティの始まりだ。」

景色に圧倒されて立ち止まってしまった私の背中を
元上司がそっと押す。

「名刺はちゃんともってきた?」

「えぇ。」

「偉いな。俺は忘れてきた。」

「えぇ?何しにきたのよ?」

夜がはじまろうとしているマンハッタンの真ん中で、
私は素っ頓狂な声を出して笑った。


2年前にフィアンセときたときは、
おもしろくない街と思ったけれど、
自分の足できちんとあるけば、悪くない。
むしろ、この街に既に集まってきている多くの人と同じく、
この街が好きだと思うし、憧れをもつ気持ちもわからなくない。

彼の言うように、2、3年くらいは
住んでみてもいいかも。
そんな風に判断するのは真冬にここにきてみてからか。



Cat Power

New York



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。