2008年02月19日

Unravel



お開きになったパーティの会場を抜け、階段を降りきる。
埼京線を電車が通り過ぎる。
この街では空は狭すぎて、星が見えない。

二人は並んで、歩く。

誰にもすれ違わない、
坂道を下る。
下りきったら五叉路、続いて、繁華街。
駒沢通りを跨いでしまえば、駅につく。

「楽しかったですか。」
彼女は尋ねる。
それから、随分、遅くまで居座ってしまいましたね。と言った。
彼は、少し熱のこもった声で
「えぇ、非常に楽しかった。若い人がああやって、
一生懸命活動をしているのを見ると、とても励まされます。」
と言った。

「よかった。あなたなら、きっとそうだろうと思って
お誘いしたんですよ。」
彼女は、前を向いたまま、優しく微笑む。
「ありがとう。」
彼は彼女の手に触れる。

「どうしようか。少し遅いけど、珈琲でも飲んで帰りますか?」
と、彼は提案する。

「えぇ。そうですね。今夜はほとんどお話できなかったし。」

「あなたは、とても人気でしたね。ちょっと妬けました。」

「また冗談ばっかりおっしゃる。」
彼女はけらっと笑う。手を、コートのポケットに突っ込んだ。

「本当ですよ。あなたはもう少し、自覚をしたほうがいい。
あなたと話をしたくて、
そばでうろうろ順番を待ってる男はたくさんいましたよ。」

「気にしすぎですよ。私が食べ物の前にいたから、
みなさん食べ物を取りにうろうろしていただけですよ。」

「いや、違うと思うなぁ。」

彼女はもう何も言わず、微笑んだまま
夜の乾いた空気を胸一杯に吸い込む。
そして彼は、こめかみのあたりに小さくキスをした。

通りがかった、バールに入る。
飲みなおしてもいいのだけど、おとなしくコーヒーを2つ注文する。

席について彼女はバッグから、
オレンジ色の箱を出し、彼に差し出した。
ほろ苦いオレンジピールのチョコレート。
家では毎晩ウイスキーを飲むと聞いたので、
それに合いそうなものを選んだ。

彼は大事に大事に食べますと言った。
彼のリアクションは彼女からすると非常に大袈裟で、
例えば、彼女が仕事で、彼のオフィスから100mほどはなれた
別のビルに来ている時なんかでも、
「近くにいるっていうだけでも嬉しい。」という。
感動しやすい性質なのだろう。

ディープローストのどっしりとした強い芳香が二人の間に漂う。
彼女は凍えた手を陶器に添えて温める。
きらきらと細かいラメのはいった、ベージュのネイル。

彼女は、手が大きい。

バスケットボールを片手でつかめるという
彼の手と同じくらいの大きさで、
中指なんかは彼のより長くて、すぅっ細いきれいな指をしている。
きちんと短く爪を切りそろえて、きちんと働く人の手。
指先までつやつやとして、ささくれもなにもないのは、
「きちんと手入れをしていれば、
家事くらいでぼろぼろになりませんよ。
特に、台所でお湯をつかわないようにすれば、
ほとんど問題ありません。」
というが、若いから、というのも多分にあるだろう。

彼は妻の手を思い出す。
妻の手は小さく、夏場でもかさかさとしていたように思う。
長い間触れていないので、よくはわからない。

「今日はピアスが左右で違うんですね。右は星で、左は雫か。」
彼は唐突に気がついて、言った。

「えぇ。よく片方だけ無くしたり、壊れたりするので。
そういえば、この前、恵比寿のホテルに行った時も
片方落としちゃったみたい。」

「本当?連絡してみようか?預かってくれているかもしれない。」

「いえ、たいしたものではなかったので、いいです。」

「じゃあ、今度プレゼントしますよ。早めに待ち合わせして、
ピアスを選んで、それからごはんを食べよう。ね。」

「いいんですか?やったぁ。」

いつもなら申し訳なさそうに
「いいですよ。そんなことしてくださらなくても」と、
言うのだが、即座に受け入れ、笑顔を向けてくれたのが、
彼にはたまらなく嬉しかった。

彼女はカウンターの下で繋いだ手を彼の膝に置く。

「ごめんなさい。
もっと早く会場を抜ければよかったですね。もう終電の時間。」

「いえ。いいんですよ。
僕はあなたとアレを目的に、会ってるわけじゃないし。
一緒にこうやって過ごせることが、僕にはかけがえの無い時間です。
……でも、僕にそんなことを言う資格はないかな。」

彼女は黙って、彼の膝に置いた、繋いだ手を自分の腿の上に置く。
柔らかい感触と体温が、スカートごしに伝わる。
彼の手が温かくなるのも、感じる。

「ちょっと、うれしいな。」
彼の優しい視線を感じながら、
彼女は呟き、首を横に傾けた。



Bjork
オフィシャルサイト(国内)

Unravel
by.youtube.com


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。