2008年01月31日

Poltergeist



宝石のような、色とりどりのガラス瓶の中から、
僕は真っ青な瓶を選んだ。
「メディテラニアン」という名の通り、海のイメージの箱。
赤い小さな紙袋に入れられ、手渡される。
やたらに肌の白い店員は愛想よく微笑み、
僕は「謝々」と言い、店を出た。

何十分もかけて、彼女のイメージを探りながら選んだ。
彼女は喜んでくれるだろうか。
それとも好みに合わず、迷惑に思うだろうか。
香水を使っているのかどうかはわからないが、
彼女の肌はいつも石鹸のそれではない、いい香りがする。
香りをつけること自体を嫌う娘ではないはずだと思いたい。

もう1週間近く、彼女とは連絡をとっていない。

飛行機の座席にかけてすぐ、書類に目を通し始めるが、
ちっとも内容が頭に入ってこない。
彼女もこの会議にはくるだろうかと思いつけば、
それから延々、彼女を思わずにいられない。

東京に戻ったら、すぐにでも会いたい。
お土産を渡したいといえば、必ず会う理由になるだろうが、
何もないまま、会う約束をとりつける自信はあまりなかった。

僕の悪い癖は、こうしてしばらく彼女に触れないでいると、
こんな幸せが長く続くはずはないという強迫観念が増し、
不安になってしまうところだ。

僕は不安を打ち消すように、
最後に会ったときの彼女のことを思い出そうとした。
柔らかい肌やきれいな唇を思った。
僕の体に巻きつくしなやかな腕を思った。
彼女といる時間は本当に幸せだ。
もう疾うに忘れかけていた気持ちを彼女はもたらしてくれる。


飛行機は最終電車に間に合う時間に到着した。


翌日。午前。
メールの受信箱に彼女からの新しいメールは届いていなかった。
彼女にメールを送ろうと思うけれど、なかなか筆が進まない。
どんな風に書き出せばいいだろうか。
迷惑だと思われやしないだろうか。
しばらく悩んでも案がでない上、次第に不安になってきたので、
気分を切り替え、仕事のメールの処理を先に進める。

午後。
やはり、筆が進まないので、
たまっていた仕事を先に処理してしまう。
3時から、新宿で打ち合わせ。かるく夕食も済ませ、
7時過ぎにはオフィスに戻る。
9時前、ようやく彼女にメールを送る。
件名でしばらく悩み、「事務連絡」とした。
その後しばらく返信を待ってみたが、来ないので帰宅。

週末。
気が気でないままだが、
子供たちと過ごせば、かなり気がまぎれる。
彼女は週末でもメールは確認するようなので、
もう返信がきているのではないかと、
休日に職場になど行きたいとは思わないのだけれど、
気になって仕方がない。

週明け。午前。
職場に着くと、何よりもまず、受信箱を開ける。
彼女からは3通もメールが来ている。
内容は、いつもと変わらない調子で、
行間を適宜空け、うちの母親でも書けないような、
やたらと丁寧な言葉を連ねているが、
どこか若々しいノリのいいところもあるといった、不思議なメール。
僕は心底安堵し、また彼女が僕を気遣ってくれていることがわかり、
それこそ、飛び上がらんばかりに僕はうれしかった。
1通目は会える日と、食事は何でも構わない事、
2通目は、「おまかせしてばかりでは困ってしまうでしょうから」と、
いくつか店の候補を挙げてくれていた。
「必ず、これらの店でなくてはいけないということではありません。
お好きなお店があれば、其処へ連れて行って下さい。」と、
但し書きまでしてくれている。
そして3通目は、予定を繰上げたので、火曜日も空いたとの連絡。
そして新しく洋服を買ったから、
少しおしゃれをしていきますと書いてあった。
(きっと、貴方の好みだと思いますから、御楽しみに。)とも。

僕と会うために予定を調整してくれたり、
服を新調してくれたのだろうか。
最初は目を疑い、何度も画面を覗き込んだ。
僕のためだけ、というわけではないとは判っていても、
心の中だけに留めている分には、そう都合よく、思い込んでいたい。

僕はすっかり感激して、しばらくその幸福感の余韻に浸り、
昼前まで返信を出さずにいた。

そんなふうなことを告白する僕を
彼女は「大袈裟なんですね。」といって笑うのだが、
僕にはそんな彼女のすました態度もかわいくて仕方がない。
そういいながらも、顔を少し赤くして、
冷たい指をあて、頬を冷まそうとするしぐさを、
ありありと思い浮かべる。

それだけで僕は、なんだか沸騰しそうな気分になる。

本当は今夜にでも会いたいが、
せっかくおしゃれをすると彼女がいうので、
明日まで我慢することにする。


椎名林檎
オフィシャルサイト

ポルターガイスト
平成風俗大吟醸 ver.

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。