2008年01月13日

sounan



再来週に、出張があると彼は言った。

「今、あっちはマイナス4度だって。」

「結構寒いんですね。何日間?」

「小さな会議でね、3日間だけだよ。」

店の一番奥の6人席。
南国リゾート風のお店であることはいいが、
暖房直下の席は異常に暑く
彼女は薄手のニットだけでうっすら汗をかきそうなほどで、
彼も、スーツのジャケットを脱ぎ、腕をまくっている。
コンタクトも乾けば、のども渇く。
ビールがどんどんすすんだ。

「私の方は来週イベントがあって、大阪に1泊です。」

「さすがだなぁ。年明け早々、ご活躍されていて。」

「いえ。今回はただの雑用係です。受付とか。」

男は彼女の指に触れる。彼女の左手に指輪はない。
前回会ったときはしっかり、薬指にあったものは、
右にも左にもなくなっていた。
いつもと変わらないのは深い真紅のネイルだけ。

前回会ったとき、彼女は唐突に質問をした。
「指輪、どうしたんですか?
鞄同様、酔ってなくさないために、おいていらしたんですか?」
彼女の落ち着きは、新卒という事実を一切漂わせないのに、
時々どうして、こんなふうに、
若さゆえの無知をあまりに無防備に晒すのである。
理由を説明したときに彼女は、艶かしく、そっぽを向いた。
昭和通りを2,3はずれた脇道を、
銀座に向かって歩いているときだった。
「私は配慮に欠けていますね。指輪をしたままで…」

その彼女が、今夜は指輪をおいて、自分と会っている。
男は、よろこんだ。

こんなことだけで。


「年末、あなたにお会いしてから、
あなたのことばかり、考えていました。
だから、会いたいってメールが来たとき、
本当にうれしかったんです。
本当なら僕から、するべきだったんですけど。
気恥ずかしくて、なかなか言い出せなくて。」


彼女はうつむいて、ビールをすする。
大のオトナが青春している様子こそが、
なんだか気恥ずかしくて見ていられなかったのだ。
オトナの男が、自分の意思ひとつで、溺れる。
もしくは溺れるふりをしようとしている。
「遊び」としては申し分ない。
でも、最悪のシナリオにはまれば、共倒れもありえる。
ストーリーが理想どおりに進むことなど、
まずもって、ありえない。
そもそも、理想なんて求めていないかと彼女は目を閉じた。

「あなたは、私に何を求めてるんですか?」
彼女はさっくりとした口調で問う。
打ち合わせや、会議でききなれた、打算のない直球の口調だ。
彼は、驚いてしまって口篭る。

「ごめんなさい。いじわるを言うつもりじゃなかったんです。
ただ、あなたのことがもっと知りたくて。」

二人とも黙って、それぞれの皿に点在する「遠慮のかたまり」を
集めて食べた。
その間、今までの会話が休止したかのように、
事務的にどれをどちらが食べるかをぽつぽつと受け答えした。
そして、彼女は、鶏をたべ、彼は青パパイヤをかじった。

「僕は、、、あなたを不安にさせていますか?」

「いいえ。未知なだけです。」

「未知、ですか?」

「えぇ、名前と経歴、仕事のこと以外はまだまだ未知です。
こんなに沢山お話したのに、あなたのことは何もわからない。」

二人はまた黙り込んでしまって、時々グラスを口に運んだ。
どちらかというと体育系の彼には
ベクトルの違いすぎる「難しい」話だったのかもしれない。

「つまり、あれ?恋ってこういうふうに、始まるものだっけ。」
彼女はつぶやき、グラスにさしていたレモンを齧る。

未知で、興味をもって、知れば知るほど、さめていく。
知りすぎて、自分のものになってしまって、
大事であることは確かなのに、心がざわめくようなことはなくなって、
そういうことも求めてなくなって、ただ平穏にあってほしくて、
やがてそれとは並行に焦がれるものに興味を持つようになる。
また、別のものに。

その繰り返し。繰り返し。

「ねぇ、そうなんでしょう?」


東京事変

遭難
by youtube.com

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。